XBOX360:本体GPUのシュリンクバージョンが秋にも登場か?

投稿者: | 2007年5月1日

業界筋の情報としてEngadgetが伝えています。その日本語版がEngadget Japaneseに登場。

ちなみにシュリンクすることによるメリットと言うと
・ダイサイズ(チップの大きさ)が減る
・消費電力が減るので発熱も減る
・ダイサイズが減ることによって、一枚のウェハからたくさんチップが取れる
・同時にチップの生産段階での不良率(歩溜まり)も減る
・周波数を上げやすくなる(これはXBOXには関係なし)

要するに、本体の値下げやスリム化、マイクロソフトの利益なんかに影響があるわけですね
XBOX360固有の問題としては、発熱が減ることによって、巨大なACアダプタを小さく出来たり
熱が主要因で発生する本体故障を減らせたりするのです(イコール、サポートコストが減る)

Xbox 360 GPUの65nm版は秋登場? – Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2007/04/30/xbox-360-gpu-65nm/

▼参考:

後藤弘茂のWeekly海外ニュース「PS3、Wii、Xbox 360のコストを探る」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1227/kaigai328.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください