自作:AMD BE-2350

投稿者: | 2007年6月24日

いきなりLinuxのサーバマシンにしてしまったので
あれこれ遊ぶこと無く安定運用に入ってしまい、書くことも特に無いわけですが・・・

アキバ店員のPCパーツウォッチ(Athlon X2 BEシリーズ / Mt.Jade対応ケース)
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20070623/etc_shopwatch.html

↑によると、BIOSの対応がわからないのが多いらしい・・・

ので、M2NPV-VMでの動作報告でも
ツクモで買ってきたブツはBIOSが801で、特に何もしなくてもunknown processorで立ち上がり
運用も特に問題なし、ただし、電圧とかは見てなかった・・・
ただ、UPSの表示見てる限りだと、消費電力は評判通りの用に思えた
C’n’Qが有効な時のシステム全体が、アイドル40w前後、フルロードで60w前後といったところ
BIOSを901にアップデートすると、モデルネームがきちんと表示される模様、BE-2350、と

最近出てきたGeForce7025の方が、6150なんかよりも低消費電力らしいのですが
Linuxでの対応にちょっと難ありな様子

まあ、それだけです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください