FreeBSD:重複排除機能はやっぱり微妙

投稿者: | 2012年7月26日

dedupを有効にして試してみたのだけど、だめぽーだった。
1次NASにはちょっと使えないっすね。
具体的には速度が1/3ぐらいまで下がって、ある程度の量が貯まってくると
処理が超絶Busyになってにっちもさっちもいかなくなる。
サービスが全部応答無しになるどころかhpサーバのwatchdogに引っかかって再起動されてしまうレベル
これは少し前に同じ事やった気がする^q^

Openindianaだともう少しマシみたいなんだけど、Busyになるのは避けられないぽ。
CPUやメモリなどのスペックを盛りまくれば使い物になるのかもしれないけど、
正直なところ、計算資源に投資するならdedupをOFFにしてストレージ増やすことを考えちゃうね。
個人運用のNASレベルならその方が安い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください