Category Archives: blog

blog:大分放置してたので再整備

最近ちょこちょこ自鯖周りを移行したりなんやりでいじってるので
このblogも大きく変わらないにしてもいろいろと動いてなかった部分を直したり消したりしますた(´ω`)

blogをほぼ動かしてなかったのはツイッターでほぼ事足りてたから
SNSは便利ね、blogキラーだと思う

ちょうど今の時期暇が少しあるんで、その合間に入れていければなぁといったところ

猫鯖はCounter-Strike: Sourceのゲームサーバとして生まれ
そのメンテナンスやらなんやらでWebページも作って
連動させたりやってたけど、個人がたてれるゲームサーバはほぼ今使われていないので
家鯖で動いてる部分をどんどんクラウドに持って行っております。
このblogも家鯖運用しててはまったことややろうと思ったことを書くつもりでやってきたけど
今後はお買い物したものの報告みたいになると思うw

メールサーバもオンプレからクラウドに移動させたので大分ましになった。
古い機構のシステムは厳しいかったー、ほぼ使い物にならないレベルでSPAMがなだれ込んでて
どうしたらいいか検討もつかなかった。

新しくメールシステムを作り直す過程で、今風のおすすめ設定いれて再構築したところ
満足がいくものになったという流れ

あと一つだけ家鯖に残ってる機能があるんで、これをどうやって消すか考え中
使ってなかったらそのままデストロイなんだけど^q^
仮想基盤に専用OS立てて維持する必要ありそう・・・NASにやらせるか

ちなみにWordPressのこの基盤、全部ConoHaで出てます。
VPSとクラウドの隙間を埋めてくれるナイスなサービスだと思う
おかげであんまり苦労せずにサーバ群をセットアップできた

※なお月額料金はそれなりの模様

blog:ngx_pagespeedはやっぱダメだった

仕組み的に早くなってバンザーイだと思ったngx_pagespeedですが
結局NGINXのCache使った方が死ぬほど早かったという罠

ngx_pagespeed on;

# ab -n 1000 -c 100 http://www.nekolove.jp/wp/
This is ApacheBench, Version 2.3 <$Revision: 1604373 $>
 Copyright 1996 Adam Twiss, Zeus Technology Ltd, http://www.zeustech.net/
 Licensed to The Apache Software Foundation, http://www.apache.org/
Benchmarking www.nekolove.jp (be patient)
 Completed 100 requests
 Completed 200 requests
 Completed 300 requests
 Completed 400 requests
 Completed 500 requests
 Completed 600 requests
 Completed 700 requests
 Completed 800 requests
 Completed 900 requests
 Completed 1000 requests
 Finished 1000 requests
Server Software: nginx
 Server Hostname: www.nekolove.jp
 Server Port: 80
Document Path: /wp/
 Document Length: 28383 bytes
Concurrency Level: 100
 Time taken for tests: 18.597 seconds
 Complete requests: 1000
 Failed requests: 2
 (Connect: 0, Receive: 0, Length: 2, Exceptions: 0)
 Total transferred: 28766106 bytes
 HTML transferred: 28383106 bytes
 Requests per second: 53.77 [#/sec] (mean)
 Time per request: 1859.710 [ms] (mean)
 Time per request: 18.597 [ms] (mean, across all concurrent requests)
 Transfer rate: 1510.55 [Kbytes/sec] received
Connection Times (ms)
 min mean[+/-sd] median max
 Connect: 14 28 98.4 17 1603
 Processing: 84 1762 1080.2 1406 4675
 Waiting: 68 1725 1072.0 1376 4646
 Total: 98 1790 1095.5 1428 5885
Percentage of the requests served within a certain time (ms)
 50% 1428
 66% 2482
 75% 2979
 80% 3027
 90% 3181
 95% 3363
 98% 3582
 99% 3617
 100% 5885 (longest request)
 #

ngx_pagespeed off;

# ab -n 1000 -c 100 http://www.nekolove.jp/wp/
This is ApacheBench, Version 2.3 <$Revision: 1604373 $>
 Copyright 1996 Adam Twiss, Zeus Technology Ltd, http://www.zeustech.net/
 Licensed to The Apache Software Foundation, http://www.apache.org/
Benchmarking www.nekolove.jp (be patient)
 Completed 100 requests
 Completed 200 requests
 Completed 300 requests
 Completed 400 requests
 Completed 500 requests
 Completed 600 requests
 Completed 700 requests
 Completed 800 requests
 Completed 900 requests
 Completed 1000 requests
 Finished 1000 requests
Server Software: nginx
 Server Hostname: www.nekolove.jp
 Server Port: 80
Document Path: /wp/
 Document Length: 88049 bytes
Concurrency Level: 100
 Time taken for tests: 8.838 seconds
 Complete requests: 1000
 Failed requests: 0
 Total transferred: 88367000 bytes
 HTML transferred: 88049000 bytes
 Requests per second: 113.15 [#/sec] (mean)
 Time per request: 883.754 [ms] (mean)
 Time per request: 8.838 [ms] (mean, across all concurrent requests)
 Transfer rate: 9764.69 [Kbytes/sec] received
Connection Times (ms)
 min mean[+/-sd] median max
 Connect: 16 60 264.5 24 3047
 Processing: 100 716 543.9 559 3994
 Waiting: 15 58 97.9 25 1663
 Total: 117 776 612.7 595 4952
Percentage of the requests served within a certain time (ms)
 50% 595
 66% 817
 75% 994
 80% 1110
 90% 1491
 95% 1932
 98% 2560
 99% 3298
 100% 4952 (longest request)
 #

これアカンやつや・・・っていうか処理能力が全般で倍違うとわ
もし使い続けるなら使用するフィルターを調整しないとダメだわね
NGINXのキャッシュのあるなしは関係なくてngx_pagespeedが動いてると性能が低下する模様
どこかにボトルネックがあるのか、合わないのか・・・

blog:UbuntuのNginxでPagespeedを使う

Pagespeedは比較的昔からあるWebサイトの最適化手法の一つです。Googleさんが提供しています。
本来はWebサイトの設計やコードそのものを見直して転送量を含めたロードタイムを削減したりするのですが
すでに運用中のサイト全体に行うのはちょっと無理があります。
そこで必要な部分をサーバーサイドで自動的に行ってくれるモジュールを導入することで
Webサイトへの変更なしで効果を得ることが出来ます。
メリットは大きいですが、場合によってはデメリットが生じることがあるようなので
導入の判断は慎重にした方がよいかもしれません。
うちは遊びで運用してるので見切り発車で入れてみました^q^

PageSpeed Module – Make the Web Faster — Google Developers
https://developers.google.com/speed/pagespeed/module?hl=ja

Apacheはモジュールの形になるので導入が比較的容易なのですが、
Nginxはソースからビルドし直さないと行けないので結構面倒です。
バージョン管理も大変になるので、UbuntuのPPA(Personal Package Archives for Ubuntu)
を探してみたら良さそうなのを見つけました。

↓ここから
https://launchpad.net/ubuntu/+ppas?name_filter=nginx

↓これを使ってみた。
https://launchpad.net/~sandyd/+archive/nginx-current-pagespeed

いわゆる野良ビルドなので信頼性という点では??ですが、
面倒なことは楽したい方にはお薦めです^q^

add-apt-repositoryを使うのでまだ未導入の場合は

apt-get install python-software-properties

とする

# add-apt-repository ppa:sandyd/nginx-current-pagespeed
 This PPA contains the latest version of Nginx built with the Pagespeed modulet.

Original package backported from Debian and pagespeed support added

IMPORTANT NOTE:
On Trusty, and possibly future releases, add the following to /etc/apt/preferences.d/nginx-current-pagespeed

Package: *
Pin: release o=LP-PPA-sandyd-nginx-current-pagespeed
Pin-Priority: 600

From trusty onwards, Ubuntu will be synced with debian unstable (See ProposedMigration https://wiki.ubuntu.com/ProposedMigration), which will require the fix above to continue using the PPA.
 More info: https://launchpad.net/~sandyd/+archive/nginx-current-pagespeed
Press [ENTER] to continue or ctrl-c to cancel adding it

gpg: keyring `/tmp/tmppit1oi9v/secring.gpg' created
gpg: keyring `/tmp/tmppit1oi9v/pubring.gpg' created
gpg: requesting key F2F46C93 from hkp server keyserver.ubuntu.com
gpg: /tmp/tmppit1oi9v/trustdb.gpg: trustdb created
gpg: key F2F46C93: public key "Launchpad ~dolphinaura" imported
gpg: Total number processed: 1
gpg:               imported: 1  (RSA: 1)
OK

2014-04-24現在でtrustyの1.4.7がパッケージにリストされているので
14.04LTSでも問題ありません。

# nginx -V
nginx version: nginx/1.4.7
TLS SNI support enabled
configure arguments: --with-cc-opt='-g -O2 -fstack-protector --param=ssp-buffer-size=4 -Wformat -Werror=format-security -D_FORTIFY_SOURCE=2' --with-ld-opt='-Wl,-Bsymbolic-functions -Wl,-z,relro' --prefix=/usr/share/nginx --conf-path=/etc/nginx/nginx.conf --http-log-path=/var/log/nginx/access.log --error-log-path=/var/log/nginx/error.log --lock-path=/var/lock/nginx.lock --pid-path=/run/nginx.pid --http-client-body-temp-path=/var/lib/nginx/body --http-fastcgi-temp-path=/var/lib/nginx/fastcgi --http-proxy-temp-path=/var/lib/nginx/proxy --http-scgi-temp-path=/var/lib/nginx/scgi --http-uwsgi-temp-path=/var/lib/nginx/uwsgi --with-debug --with-pcre-jit --with-ipv6 --with-http_ssl_module --with-http_stub_status_module --with-http_realip_module --with-http_addition_module --with-http_dav_module --with-http_flv_module --with-http_geoip_module --with-http_gzip_static_module --with-http_image_filter_module --with-http_mp4_module --with-http_perl_module --with-http_random_index_module --with-http_secure_link_module --with-http_spdy_module --with-http_sub_module --with-http_xslt_module --with-mail --with-mail_ssl_module --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/headers-more-nginx-module --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/nginx-auth-pam --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/nginx-cache-purge --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/nginx-dav-ext-module --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/nginx-development-kit --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/nginx-echo --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/ngx-fancyindex --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/nginx-http-push --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/nginx-lua --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/nginx-upload-progress --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/nginx-upstream-fair --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/ngx_pagespeed --add-module=/build/buildd/nginx-1.4.7/debian/modules/ngx_http_substitutions_filter_module

設定はここからもってきた
バーチャルホストごとに設定したい場合は下の方に設定例がありますね

PageSpeed Configuration – PageSpeed Module — Google Developers
https://developers.google.com/speed/pagespeed/module/configuration

pagespeed on;

# Needs to exist and be writable by nginx.
pagespeed FileCachePath /var/cache/ngx_pagespeed_cache;

# Ensure requests for pagespeed optimized resources go to the pagespeed handler
# and no extraneous headers get set.
location ~ "\.pagespeed\.([a-z]\.)?[a-z]{2}\.[^.]{10}\.[^.]+" {
  add_header "" "";
}

動作確認

# curl -I http://localhost/wp/
HTTP/1.1 200 OK
Server: nginx/1.4.7
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
Connection: keep-alive
X-Powered-By: PHP/5.5.9-1ubuntu4
X-Pingback: http://www.nekolove.jp/wp/xmlrpc.php
Date: Thu, 24 Apr 2014 01:52:34 GMT
X-Page-Speed: 1.7.30.4-3847
Cache-Control: max-age=0, no-cache

X-Page-Speedが出ていればOK
うちの場合は劇的に変わるものではないっぽいですなー

blog:SSL化ではまったこと。

StartSSLでSSL証明書を作ったこともあって、
サイトの管理画面をSSLにしようと思って設定したところ。見事に挫折しかけたorz

というのも、商品紹介に使ってるWordpressのプラグインでAmazon JS
コンフィグ書き出すときに使ってるWP SyntaxHighlighterが動作しなくなる。
結構便利に使ってるので動かなくなってしまうのは相当痛い。

いろいろ試した結果、
Nginxの設定かと思ったが、Apacheでも同じだったので、
結局プラグインのURLに問題があったもよう。
管理画面をhttpsにリダイレクトするのをやめると動き出すので、
要するにhttpsのサイト内からhttpのサイトを呼び出してるのがダメらしい。そらそうですわね。
かといってhttpsを捨てるのも惜しい。
メンテナンスを考慮すると、あんまりプラグインに変更を加えたくないのだけど
AmazonJSは編集からamazonjs/amazonjs.phpにあるすべてのURLをhttpからhttpsに置換することで解決。
WP SyntaxHighlighterの方はWordpressからアドレスを持ってきてるようだったので
「設定」→「一般設定」から「WordPress アドレス (URL)」をhttpsに変更したら解決。
サイトアドレスはhttpのままにしとります。

自分用の備忘録みたいなもんですが・・・。

blog:Apache2からNginxに載せ替えた

だいーぶ放置してたけど、ゲームも一段落したので
久しぶりに弄ってみようと思ってまずhttpをしゃべるサーバーを入れ替えてみた(´ω`)
Apache2+php_modからNginx+php5-fpmにしました。
サンプルのコンフィグ使いながら仮想環境で試してたんだけど、うまくいかなくて(´・ω・`)ショボーン
ロケーションのマッチングルールを理解するのに手間取った・・・
うちみたいにURLの最後を.phpにしてるとWordpressのサンプルコンフィグだと問題がある
どうやら空のURLリクエストがphp-fpmに飛んでいくっぽい感じだったので、飛ばないように設定

大体こんな感じになった

        location /wp/ {
                index index.php;
                if (-f $request_filename) {
                        expires 30d;
                        break;
                }
                if (!-e $request_filename) {
                        rewrite ^.+?(/wp-.*) $1 last;
                        rewrite ^.+?(/wp/.*\.php)$ $1 last;
                        rewrite ^ /wp/index.php last;
                }
        }
        location ~ ^(?:(?!(?:/archives/)).)*\.php$ {
                fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
                fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
                fastcgi_index index.php;
                include fastcgi_params;
        }

MovableTypeから乗り換えた人なんかはパーマリンクがうちみたいになってるところ多そう
Nginxだと普通に罠みたいなURLになるんで困るわけだが( ̄∇ ̄;)

とりあえずフロントがNginxでWordpressはphp5-fpmに乗っているけど、実はまだapache2で動いてるところがあります
表に出してないWebアプリケーションをまだapache2に任せてるゆえですが
NginxがDigest認証に対応してくれたら移植しよう

雑記:オンラインストレージで悩む

シンボリックリンクを使ってゲームのセーブデータなどをクラウド上にバックアップするのに
ずっと無料のDropboxを利用してきたけど、いかんせん標準2G+ボーナス6Gぐらいでは容量が少ない
セーブデータだけならいいんだけど、スクリーンショットやMMOのチャットログなどが貯まってくると容量が圧迫される
消してしまえばいいのだけど、HDDが吹っ飛んだときにそれらの記録を消失してがっかりしたことがあるんで
出来るだけ保存しておきたいという

他にもSkyrimやSimCity4のMODとかゲームのツールやユーティリティを別のオンラインストレージに保存してる
具体的にはMicrosoftのSkyDriveで、初期にちょっと使ってたことがあるんで無料で25Gもらってる
今見たら13Gぐらい使っているようだ

PCでよく使うアプリやツールもオンラインストレージ経由で他のPCに導入してたりするんで
そろそろ有料版とかで容量増やして統合を考えようかなーと

大体以下のサービスが気になっている

Dropbox
無料ストレージ:2GB
有料ストレージ:100GB $9.99/月($99/年),200GB $19.99/月($199/年),500GB $49.99/月($499/年)
紹介制度:あり (条件による追加ボーナスもあり)
アプリケーション:固定自動同期型
ファイルの最大サイズ:PCからは制限無し。ウェブ経由は300MBまで
備考:
「Packrat」無制限バージョン履歴 +$39.00/年

Google Drive
無料ストレージ:5GB
有料ストレージ:25GB $2.49/月, 100GB $4.99/月, 200G $9.99/月, 他16TBまでプランあり
紹介制度:なし
アプリケーション:固定自動同期型
ファイルの最大サイズ:PCからは制限無し。ウェブ経由は300MBまで
備考:
Google+ フォトでの使用量を含む
課金プランの場合Gmailの容量が25GBにアップグレードされる

SugarSync
無料ストレージ:5GB
有料ストレージ:30GB ¥525/月, 60GB ¥1050/月, 100G ¥1575/月,
紹介制度:あり(条件による追加ボーナスもあり)
アプリケーション:選択式自動同期型
ファイルの最大サイズ:
備考:
2013年3月8日現在で使用料が1年間20%OFFのキャンペーン実施中

SkyDrive
無料ストレージ:7GB
有料ストレージ:20GB ¥800/年, 50GB ¥2000/年, 100G ¥4000/年
紹介制度:なし
アプリケーション:固定自動同期型
ファイルの最大サイズ:2GB。ウェブ経由は300MBまで
備考:
特になし

Bitcasa (英語)
無料ストレージ:10GB(14日だけ無制限で試用出来る)
有料ストレージ:無制限 $10/月 or $99/年
紹介制度:なし
アプリケーション:ネットワークドライブ型 and 選択式自動同期型
ファイルの最大サイズ:なし?
備考:
複数デバイス間での同期は不可(仕様)

—-個人的に越えられない壁—-

Naver Nドライブ
無料ストレージ:30GB
有料ストレージ:なし
紹介制度:なし
アプリケーション:ネットワークドライブ型 and 選択式自動同期型
ファイルの最大サイズ:4GB
備考:
NAVERアカウントで利用

Yahoo!ボックス
無料ストレージ:5GB
有料ストレージ:50GB 399円/月
紹介制度:なし
アプリケーション:固定自動同期型
ファイルの最大サイズ:制限なし
備考:
Yahoo!プレミアム会員かYahoo!BB会員なら自動で付与

Amazon Cloud Drive
無料ストレージ:5GB
有料ストレージ:20GB ¥800/年, 50GB ¥2000/年, 100GB ¥4000/年, 他
紹介制度:なし
アプリケーション:自動同期型?
ファイルの最大サイズ:2GB
備考:
8台までのデバイスでアクセス可

Box
無料ストレージ:5GB
有料ストレージ:25GB $9.99/月, 50B $19.99/月,他ビジネスプランなどあり
紹介制度:なし
アプリケーション:固定自動同期型
ファイルの最大サイズ:パーソナルなら無料プランで250MB,有料プランで1GBまで
備考:

こうして眺めてみると、いろいろと差があることがわかる

Dropboxは先発なだけあって、スペックだけ見ると他を選んだ方が良さそうに見える
しかし30日以内限定ながらファイルの履歴を取れたり、スマートフォンのアプリケーションでの対応や
デスクトップの同期アプリの速度や安定性など、スペックから読み取れない部分で非常に魅力的
今までメインに使ってきたけど、容量を除けば不満は無かった
有料プランはちょっとお高めなんで、悩ましい
もしGoogle Driveと同じぐらいの値段なら悩むことなんて無かった

有料サービスとしてのコストパフォーマンスはGoogleがダントツでトップだ
およそ500円ほどで100Gまで共有出来るのは大きい
話題になっていたGoogleの規約が気になるが、実害が報告されないうちはひとまず無視で良さそう
試しに110Mbyteほどのファイルを同期してみたところ、4~5Mbyte/sほどでアップロードしていた。かなり早い。
下りは1~1.2Mbyte/s程度
ゴミ箱機能があるので誤っての削除などには対応出来るが、履歴管理は出来ない
なお、シンボリックリンクは完全無視されて、その先のファイルはアップロードすることが出来ない
コストパフォーマンスは高いが、おいらの使い方では残念ながら没である

SugarSync
選択した任意のフォルダを同期出来るので個人的に気になっているサービス
お値段は他と比べても高め
デスクトップアプリケーションの同期までの速度は速い、がアップロードの速度は500Kb~1Mbyte/sだった
ダウンロードは700kb前後といったところ。
履歴機能があったり、同期する対象を細かく設定出来るなど悪くは無いのだが
Webブラウザでの操作が遅くて微妙だとかなどの理由でちょっといまいち

SkyDriveはMODのバックアップに使ってるので大体使い勝手はわかってる
シンボリックリンクによる管理は出来るのだが、OSを入れ直した後に別PCとして認識され
妙なゴミファイルが作られるのがいまいち
速度は普通で、アップロードが1.2Mbyte/sぐらいでダウンロードが500Kbyte/s程度
おもしろ機能としては、WebアプリからSkyDriveのアプリケーションをインストールしたPCの
全ファイルを取得したり動画をストリーミングすることが出来ることで、
PCを起動しっぱなしにしておく必要があるが、他のストレージサービスには無い機能

ネットで見てると、微妙なコンテンツを保管しておくと勝手に削除されることがあるらしい
他のサービスでは外部に露出した際に削除や凍結のパターンが多いが、
保管しているだけで消されるのはSkyDriveだけかも
たとえ保管するつもりが無くてもそういうサービスは好きになれない・・・
今のところ使ってはいますけども

Bitcasa
話題の(課金で)容量無制限なオンラインストレージ
登録から14日だけなら体験出来るらしい
速度は普通かも、最初4セッションで各1Mbyte/sでアップロードを始めたので
おーはやーいと思ってみてたら、4つ合計で1Mbyte/sぐらいまで速度が落ちて安定し始めた
他のPCとミラーを共有という使い方は出来ないので、単純に大容量なバックアップストレージという感じ
これはこれで有りかもしれないと思うが、目的の都合上メインには出来なさそう

Naver Nドライブ
無料プランしか無く、容量が30GBとなかなか優秀なオンラインストレージ
Naverアカウントがあれば使えるので、一件良さそうに見えるが
アプリケーションがいまいちでかなり微妙
環境のせいか同期に失敗してアップロードが出来なかった
他のアプリではそんなこと無いので、完全に没確定

Yahoo!ボックス
これもアプリケーションが残念なタイプ
ファイル操作がもたついたり、エラーが出たりする
エクスプローラ的な使い方が出来ないので没

Box
最大ファイルサイズの制限が厳しいので没
無料で50GB増やしてくれるキャンペーンがたまにやってるらしいので
容量目当てならいいのかもしれないが、それでもファイルサイズの制限が足を引っ張る

—そのほか—
Amazon Cloud Drive
ファイル同期などには不向き
Amazonのサービス用か

iCloud (by Apple)
Windowsから使用できないので没
どれも一長一短なので、選ぶのなら何かを諦めないといけないようだ
課金して使うならGoogleDriveがかなり魅力的なんだけど、シンボリックリンクの取り扱いだけが気に入らない
SugarSyncを有力候補と考えていたけど、使ってみたらWebアプリも含めていまいち。。。
使い続けるだけの魅力が無いし、PC間の同期には難がある
値段も高いし、それならDropboxで・・・となってまう
フォルダを自由に同期に入れられるのも、OS入れ直してからの再設定とすでに存在するファイルとの同期とか
ちょっといろいろと面倒なことになりそう。
SkyDriveは有害コンテンツの自動削除があるんでメインに出来ない、
何より基準がわからないので知らない間にファイルが消えてたら困る
消えてもあんまり困らないものしか無理っぽいですな
あとOS入れ直した後、シンボリックリンクのフォルダが増殖するのも×

結局Dropbox一択ということになりそう・・・(Θ_Θ;)うーむ
スマートフォンなどのアプリケーションが真っ先に対応するのもここだから一番無難なんですよね

WordPressで導入したPluginについての忘備録

プラグインをいろいろと入れてみた。
ほぼ全部ダッシュボードのプラグイン→新規追加から検索して導入出来る
WordPressってすげーな・・・、アップデートも超簡単に出来る。
これを使ってしまうと今まで使ってたMovableTypeは仕組みそのものが前時代的だと断言できる。
動的出力にもかかわらず恐ろしく早いし。
設定変更した部分が即反映されて表示されるとか驚きだわー

Akismet
コメントやトラックバックのスパムを防ぐフィルター。

All in One SEO Pack
SEOに対応したページに整形してくれるお手軽Plugin

Broken Link Checker
定期的にblog内のリンクをチェックしてエラーがあったリンクとその場所を教えてくれるステキPlugin

File Gallery
画像を連続でエントリーに貼り付けられるPlugin

Google Analytics
Google Analyticsを全部のページに付けてくれるナイスなPlugin

Google Analytics Dashboard
Google Analyticsのアクセス数などをDashboardから見れるPlugin

Google XML Sitemaps
sitemaps.xmlを自動で生成するナイスなPlugin

Head Cleaner
煩雑になりがちなHeadとfooterを整形してくれるPlugin

Ktai Style
ガラケーに適したページを自動で出力する

Nofollow Links
SEO対策でリンクを自動的にNofollow属性にしてくれる

Photo Dropper
flickerからライセンスフリーな画像を持ってきて表示出来る。よく情報サイトで見かけるTOPの謎画像みたいの。

Popular Posts
アクセスの多い記事をリスト化して出してくれる。

Post-Plugin Library
関連記事を表示するPluginで必要なライブラリ

Quick Adsense
Adsenseのコードを簡単に挿入出来るPlugin

Search Meter
検索語のリストを表示。管理用。

SyntaxHighlighter Evolved
SyntaxHighlighterを利用可能にするPlugin

WP Multibyte Patch
WordPressのマルチバイト文字に関する修正をしてくれるPlugin

WP Super Cache
WordPressの表示をキャッシュするPlugin

WPtouch
スマートフォンでアクセスしたときに、自動的に最適化されたページを出力

Yet Another Related Posts Plugin
関連記事を表示する高機能なPlugin

お知らせ:CNとKRはFWで丸焼きにしました。

httpへの爆撃が止まらないので、仕方が無くアドレスリストからプロトコルの指定なしで完全ブロック
抽出したIPアドレスはCNばっかだったので、ついでにCNとKRに割り当てられているアドレス帯を全部燃やすことにした。

アドレスは下記のサイトから頂くことに。
更新日が2月なのできちんと更新されているようです。大変ありがたい。

http://www.hakusan.tsg.ne.jp/tjkawa/lib/krfilter/index.jsp

PFのtableにCIDRのみのファイル(下の方)を割り当てて、blockするルールをconfに追加。
httpへのアクセスが落ち着いたのでpflogを見てみたらblockされまくりんぐ
ざまぁぁぁぁぁぁwwwwwww

BlogがWordPressになりました。

BlogがWordPressになりました。

実は前から移行するかどうか悩んでいて
テストの為にいろいろと弄って遊んでいたのです。
コメントスパムの爆撃を受けたのはまあ対応すればいいのでかまわないが、
爆撃でperlのスレッドが600超えるぐらいに増えて、load averagesが125ぐらいになった。
さすがFreeBSDさんだぜ、よく耐えた。PV entriesがリミットに達したぐらいで済んだね。
しかしサーバ全体のレスポンスが恐ろしく悪化して、操作が一時的に出来なくなった/^o^\フッジサーン。
結局かなりの時間をかけてApacheを一度落とした。

コメントの投稿にはcaptchaを使っているんだけど、画像解析で突破されてるみたいなのね。
MovableTypeは元々”重い”blogなので、爆撃を受けたときにリソースを全部持って行ったっぽい。特にperlさんが。
そんなわけでとりあえず、再構築がうざくなってきた&動的出力が致命的に遅いMovableTypeを投げ捨てることに。
WordPressがスパム爆撃を受けたときにどういう振る舞いをするかはわからないけど、phpで書かれてるからある程度は耐えると思いたい。
一応MovableType側にメッセージは残したけども、URLのリンクを差し替える処理が必要。

全部のURLに対応するRedirectを手動で作るのはごめん被りたいので
MovableTypeのカスタムインデックスを作成して利用する。こういうところはちょっと便利ね。
Blog管理画面の、デザイン→テンプレート→インデックステンプレートの作成
タイトルは適当に、本文に下記のようなものを入れて、出力ファイル名も適当に。
エントリーはWordPress側でパーマリンク設定を調整済み。
カテゴリリストは日本語を含むと自動でのマッピングが出来ないので(MovableType側の問題)、手動でやるかトップページに誘導する手抜き仕様。
MovableTypeではデイリーのIndexも作っていたものの、WordPress側では作らないことにした。
これもトップページに誘導する手抜きで行く。

<MTArchiveList archive_type="Individual">
<MTEntries>Redirect permanent /mt/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/%d"$>/<$MTArchiveDate format="%Y%m%d%H%M%S"$>.php http://www.nekolove.jp/wp/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m"$>/<$MTArchiveDate format="%Y%m%d%H%M%S"$>.php</MTEntries>
</MTArchiveList>
<MTArchiveList archive_type="Category">
Redirect permanent /mt/archives/<$MTSubCategoryPath$>/index.php http://www.nekolove.jp/wp/
</MTArchiveList>
<MTArchiveList archive_type="Daily">
Redirect permanent /mt/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/%d/"$>index.php http://www.nekolove.jp/wp/
</MTArchiveList>
<MTArchiveList archive_type="Monthly">
Redirect permanent /mt/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/"$>index.php http://www.nekolove.jp/wp/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/"$>index.php
</MTArchiveList>​​​

こんな感じで出来たファイルをWWWのトップにある.htaccessに入れる。
URLを開いた時にリダイレクトされるかどうか確認出来ればよし。
ほとんどのURLはこれでWordPressの方に飛ばされるはず。
WordPressって結構使いやすいと、構築してて思った。

blog:syntaxhighlighterのテスト

てすと
[code:plain]
てすと
てすと
[/code]